【WEBノベル】第八話~熊谷寺を公開しました。

2013/01/23 (水)
第八話~熊谷寺

あの日も、うだるような暑さだった。
鳴り止むことを知らない蝉の声が、より一層、暑さを強調する。頭上にはどこまでも広がる高い青空(そら)。
大地を焦がす夏の陽射しは眩しすぎて――
これは八年前の出来事。俺が小学校三年生だったときの夏休みの思い出だ。……


  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

熊谷寺~熊羽八(ゆうや)

 

 

普明山(ふみょうざん)真光院(しんこういん)熊谷寺(くまだにじ)

 

熊谷寺~熊羽八(ゆうや)

 

88人姉妹の八女。
天真爛漫。

 

「試練」を司る。

 

本質は『努力』。
熊の着ぐるみを着てお寺の案内のバイト中。耳と尻尾は飾り。

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第七話~十楽寺を公開しました。

2012/12/28 (金)
第七話~十楽寺

『昔々のお話です。あれは確か、四十二歳のお大師さんがこの地を巡錫(じゅんしゃく)していたときのこと』
「なにこれ! なんでイキナリ紙芝居とか始まってんの!?」
『ある朝、お大師さんは大きな家の前に立って托鉢をしていました。すると、程なくして若い女が出てきて丁寧に供養を捧げました』
「あれ、俺の疑問無視!? てか、空海えらい男前やな!」……
 

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

羅紗( らーしゃ )

 

 

光明山(こうみょうざん)蓮華院(れんげいん)十楽寺(じゅうらくじ)

 

羅紗( らーしゃ )

 

88人姉妹の七女。
他人の恋愛話が大好物。

 

「愛欲」を司る。

 

本質は『鉤索』
愛染明王像を拠り所とし、名前「らーしゃ」は愛染明王の梵名ラーガ・ラージャに由来する。

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第五話~地蔵寺を公開しました。

2012/12/19 (水)
第五話~地蔵寺

WEBコミック 第五話~地蔵寺を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第六話~安楽寺を公開しました。

2012/12/13 (木)
第六話~安楽寺

「何しけた話してるの、歌蔵(うたぞう)」
 第五番札所地蔵寺、奥之院・五百羅漢堂の片隅。
 『色(しき)』と『空(くう)』を語りながら、しんみりする俺と
蔵杏羅(くあら)に、不意に誰かの声が聞こえた。
「えっ、その声は――もしかして、リンちゃん?」
 蔵杏羅の表情がぱっと明るくなる。……
 

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

癒安( ゆあん )

 

 

 温泉山(おんせんざん)瑠璃光院(るりこういん)安楽寺(あんらくじ)

 

癒安( ゆあん )

 

88人姉妹の六女。
世話好き。

 

「安楽」を司る。

 

本質は『懇篤』。
「さか松」を拠り所としている。一見おっとりとしているが、案外思い切った行動をとる。

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第四話~大日寺を公開しました。

2012/12/06 (木)
第四話~大日寺

WEBコミック 第四話~大日寺を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第五話~地蔵寺を公開しました。

2012/11/29 (木)
第五話~地蔵寺

「え? 私たちが何者かですって? 取り敢えず言っておくけど、私たちは精霊でもカミサマでも妖怪でもないし、一緒にされるとお互い迷惑だからやめてくれない」
 八八さんは何者なのか。
 ふと気になったので、八八さんについて考えてみる。
 四国に伝わる昔話の一つ『四国結界伝説』に・・・・・
 

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

蔵杏羅( くあら )

 

 

無尽山(むじんざん)荘厳院(しょうごいん)地蔵寺(じぞうじ)

 

蔵杏羅( くあら )

 

88人姉妹の五女。
明るく元気。歌うことが大好き。

 

「制勝」を司る。

 

本質は『熱意』。
「たらちね大銀杏」を拠り所としている。奥之院の五百羅漢堂はお気に入りの場所で、羅漢像相手に歌を披露するのが日課。
口癖は「焼かれても頑張るョ!」

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第三話~金泉寺を公開しました。

2012/11/21 (水)
第三話~金泉寺

WEBコミック 第三話~金泉寺を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第四話~大日寺を公開しました。

2012/11/14 (水)
第四話~大日寺

「どぉりゃあああぁぁあぁ」
突然の雄叫(おたけ)びに空を見上げた。 ひゅるると風切り音を響かせて、橙色の丸い物体が迫ってくる。それには縞模様の見覚えのある尻尾が――
「ぶほっ」
俺は情けない声を上げて、顔面でそれを受け止めた。みかんの親玉のような風貌をしたそいつは、人の顔を緩衝材がわりに・・・・・
 

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

黒 鐘( くろかね )

 

 

黒巌山(こくがんざん) 遍照院(へんじょういん) 大日寺(だいにちじ)

 

黒 鐘( くろかね )

 

88人姉妹の四女。
節約は美徳。しっかり者。

 

「再興」を司る。

 

本質は『確固』。
荒廃と再興を繰り返したお寺を彩る「蓮の石鉢」を拠り所としている。
姉妹たちに「コクリン」と呼ばれているが、本人は気に入っていない。

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第二話~極楽寺を公開しました。

2012/11/07 (水)
第二話~極楽寺

WEBコミック 第二話~極楽寺を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第三話~金泉寺を公開しました。

2012/10/31 (水)
第三話~金泉寺

「恵ってさ、適応力あるよね」
 第二番札所・極楽寺(ごくらくじ)を出て次の札所へ向かう途中、あゆみが唐突にそんなことを言った。
「そうかな?」
「うん。淡桜(あわざくら)さんや二葉(ふたば)さんと出会ったときも、なんていうか、普通やったし。全然驚いた感じせんかったもん。・・・・・

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

龍泉(たつみ)

 

亀光山(きこうざん) 釈迦院(しゃかいん) 金泉寺(こんせんじ)

 

龍泉(たつみ)

 

88人姉妹の三女。
寡黙。そして真面目。

 

「健勝」を司る。

 

本質は『屈強』。
不動明王の化身とされる「倶利伽羅龍王」を模し、手には「黄金の井戸」を象徴する金色の鏡を持っている。
88人姉妹の中で一二を争うほどの強運の持ち主。


  • LINEで送る
ページの先頭へ