【WEBコミック】第一話~霊山寺を公開しました。

2012/10/24 (水)
第一話 ~ 霊山寺

WEBコミック 第一話~霊山寺を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第二話~極楽寺を公開しました。

2012/10/12 (金)
第二話~極楽寺

 第一番札所・霊山寺(りょうぜんじ)の守り人・淡桜(あわざくら)と別れ、山門を出たところで、俺はあゆみがいないことに気がついた。
 慌てて辺りを見回す。そして少し後方に、二人連れの年配女性お遍路さんと話すあゆみの姿を見つけて胸をなでおろした。よかった、迷子になったのかと思った。「ごめんごめん。いきなり呼び止められるんやもん、びっくりしたぁ」・・・・・
 

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら

二葉(ふたば)

 

日照山(にっしょうざん) 無量寿院(むりょうじゅいん) 極楽寺(ごくらくじ)

 

二 葉(ふたば)

 

88人姉妹の二女。
穏やかな性格。
微笑みを絶やさない。
しかし、ときにはキツイ言動も。
ゆったり怖いお姉さん。

 

「子授」を司る。

 

本質は『包容』。
子宝を願う人々の想いが込められた「前掛け」を拠り所としている。
新たな生命の誕生を慈しみ、深い愛で包み込む母を連想させる。
頭の双葉は誕生の象徴。
うさみみではない。


  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第零話~プロローグ後編を公開しました。

2012/10/10 (水)
プロローグ後編

第零話~プロローグ後編を公開しました!
  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBコミック】第零話~プロローグ前編を公開しました。

2012/10/04 (木)

第零話 ~プロローグ前編


8月より制作を進めていた「第零話~プロローグ前編」を公開!


WEBコミックは愛媛県松山市にある 「河原デザイン・アート専門学校」 の漫画クリエイター科
1、2年生+卒業生とのコラボ作品です。


9月に主人公のキャラクターコンペを行い、1年生の上田 雄一郎さんの作品が採用されました。


▼採用された作品


今後、上田さんを中心とした学生さんチームでWEBノベルを漫画化し、90話の制作をすすめていきます。


【協力いただく学生さんと卒業生の方】


上田 雄一郎 さん
田内 晴奈 さん
山田 紗矢佳 さん
嶋坂 有希 さん
秋山 実優 さん
村上 優美 さん
尾花 菜々子 さん
翠雨 さん
抱きしめまくら さん
古川 みづき さん
高市 さとこ さん


「おまいりんぐ」は地元愛媛・四国への貢献と観光推進、学生の育成につなげていきたいと思っておりますので、皆様応援を宜しくお願いいたします!

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第一話~霊山寺を公開しました。

2012/09/28 (金)
第一話~霊山寺
『特急いしづち八号、高松行きです。今日はJR四国をご利用いただきましてありがとうございます。この列車は――』
車内放送を聞きながら、ぼんやりと窓の外を眺める。駅のホームが徐々に遠ざかり、やがて視界から消えた。
俺はため息をつきつつ、隣の席へと視線を移した。そこには不思議お遍路少女・あゆみが座っている。……どうしてこうなった。・・・・・

  • WEBノベルを読む
  • テキスト版はこちら


淡桜(あわざくら)

竺和山(じくわさん) 一乗院(いちじょういん) 霊山寺(りょうぜんじ)

淡 桜(あわざくら)

 

88人姉妹の長女。
超わがまま。

 

「発心」を司り、“新たな自分へ生まれ変わり”を意味する。

 

本質は『転生』。
八八さんの中では異例で、成長し、やがて寿命を迎える。
そして「生まれ変わり」として新たな霊山寺の八八さんとなる。
その為、その時々により容姿・名前が異なる。
今は淡墨桜の苗木を拠り所としているので「淡桜」と名乗る。

  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第零話~プロローグ後編を公開しました。

2012/09/07 (金)

 国道からそれた山沿いの道。ゆるやかな坂道を自転車で登っていく。
 まわりは田畑が広がっていて、数軒の民家が点在するものの、人の気配は感じられず深閑(しんかん)としていた。
 街の灯りが遠くなるにつれ、その閑(しず)けさはより深みを増す。
 変圧器のようなクビキリギスの鳴き声だけがやけに耳に響いていた。
・・・・・


  • LINEで送る
ページの先頭へ

【WEBノベル】第零話~プロローグ前編を公開しました。

2012/08/31 (金)

 あの日も、うだるような暑さだった。
 鳴り止むことを知らない蝉の声が、より一層、暑さを強調する。頭上にはどこまでも広がる高い青空(そら)。大地を焦がす夏の陽射しは眩しすぎて、逃れるように入ったお寺の境内。そこは、別世界を錯覚させた。境内の片隅、世界から隔絶されたその場所で、私は それ と出会った。それは、ヒトの姿でヒトの言葉を解していたけれど、
・・・・・

  • LINEで送る
ページの先頭へ