【WEBノベル】第零話~プロローグ前編を公開しました。

2012/08/31 (金)

 あの日も、うだるような暑さだった。
 鳴り止むことを知らない蝉の声が、より一層、暑さを強調する。頭上にはどこまでも広がる高い青空(そら)。大地を焦がす夏の陽射しは眩しすぎて、逃れるように入ったお寺の境内。そこは、別世界を錯覚させた。境内の片隅、世界から隔絶されたその場所で、私は それ と出会った。それは、ヒトの姿でヒトの言葉を解していたけれど、
・・・・・

  • LINEで送る