【巡礼日記】巡礼第七回目!(後編)

2015/04/21 (火)

巡礼第七回目!後編は高知の国分寺からです(・ω・)ノ

ここから順番通りなので次は29番国分寺へ。大日寺という名前も多いですが国分寺も二つ目ですね。なんでも聖武天皇の「諸国のもっとも良い土地に建てよ」との勅で一県に一つずつあるのだとか(゜ω゜)

国分寺境内


境内に入って一番雰囲気を醸しだしているのが入って右手に見える庭。植木がきれいに刈り込んであったり、手入された日本庭園のような雰囲気。そういえば徳島の国分寺も庭がすごかった記憶が。

そして高知の国分寺の庭が一番他と雰囲気を異にしているのはこれでしょう。

歌碑

歌碑がいたるところに立っているんです。紀貫之ゆかりの地だけに文学の香りが。ここに歌碑の残る人も地域ゆかりの人なのでしょうか。


また、反対側の左サイドにはこんなお地蔵さんも。

酒断ち地蔵堂

その名も酒断ち地蔵。これまで病気封じ系のお地蔵さんは数あれど、断酒専門のお地蔵さんははじめて見る気がします。高知というと豪快にお酒を飲む人が多いイメージもありますし、周辺の人々の切実な願いがあったのかもしれません。

そう考えるとこういったお地蔵さんも地域の方の信仰を集めていた証なのかもしれませんね。

 


善楽寺に着いたときにはもう夕方。竹林寺の御開帳があるからということで回るお寺を少なくしておいて正解だったようです。結果的に御開帳は2か所も回りましたしね。


駐車場を出て一瞬どっちがお寺への道だ( ゚Д゚三 ゚Д゚)!?と思った瞬間もありましたがお寺と同じく鬱蒼としているお隣は土佐神社でした。神前式の帰りかな?という感じの方もちらほら見かけたので、さすが一宮だけあって現在も周辺の方の信仰を集めているようです。

土佐神社


善楽寺境内は駐車場からすぐ近く。今回の巡礼はほとんど階段がない気がします。高知入りたての薬師寺ラッシュと比べてしまうからかもしれませんが、久しぶりの巡礼なのでとても助かる。


境内もお堂や納経所がぎゅっとまとまっていて、見渡して配置が分かる感じ。参加者の方も自由参拝にしても大丈夫なくらいすっきり境内が整理されて見晴らしのいいお寺でした。

善楽寺境内


お堂の向かいにはお地蔵さんがたくさん。お寺の絵馬まで手作り感のあるフェルトのお地蔵さんでお地蔵さん尽くし!この絵馬見ていてとてもほっこりします(*´ω`*)


このお寺は大きなお地蔵さんが2体もまつられていて、どちらも信仰を集めている様子。それでこんなにお地蔵さん推しなんですね。

お地蔵さん絵馬

 

お大師さん作と言われている子安地蔵さんは地蔵堂に丁寧にまつられていました。安産や子宝祈願にご利益があるそうですよ!

子安地蔵堂


そのお隣にまつられているのは梅見地蔵さん。名前も風流で珍しいですがご利益も珍しく、学業成就や首から上の病にご利益があるとか。今回の巡礼は首から上とか、上半身とかの御利益が多いですね。竹林寺の文殊さんも知恵の仏様ですし、学業や頭痛治癒なんかのお願いごとがある方にはおすすめエリアかもしれません(・ω・)

梅見地蔵

 

 

 

四国霊場開創1200年期間中の今回の巡礼。御朱印やお姿の他にも、お大師さんとの縁をつなぐ五色の紐なども各お寺で見ることができ、御開帳以外にも大小のイベントが色々と仕掛けられているなと感じました。2015年5月まではぎりぎり期間中だそうなので、近隣のお寺でも新たな発見があるかも?

御手綱

次の巡礼もすべりこみでぎりぎり期間中。。のはず。気候も良くなってきたので人、増えてるだろうな。次回どんな人に会えるか楽しみにしながら、今回の巡礼もおしまいです。

 

四国霊場1200年の年が終われば次は高野山1200年の年。前に行った時とはまた違う感じになっているんだろうな。こちらもまた気になりますね。中門はどんな姿になったんだろうか。もう半分ちょっと回り終えたら見に行くことになるかな、とこちらも楽しみです。

  • LINEで送る