1200年の歴史を持つ四国八十八箇所巡礼を題材としたストーリーです。“八八さん”と呼ばれる札所を守るキャラクターが毎号登場!

心と向き合う 八十八霊場紹介 たくさんの人と出逢って違う自分を見つける旅

竺和山(じくわざん)一条院(いちじょういん)霊山寺(りょうぜんじ)

第一番札所 霊山寺/山門 霊山の釈迦のみ前にめぐりきてよろずの罪も消えうせにけり 釈迦如来/のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
徳島/阿波 DATA
宗派:
高野真言宗
開基:
行基菩薩
創建:
天平年間(729年 ~ 749年)
住所:
徳島県鳴門市大麻町坂東塚鼻126
電話:
088-689-1111
駐車場:
あり(無料)100台・大型可
宿坊:
なし
歴史・由来

四国霊場を札所番号順にお参りする場合、ここが「発願(ほつがん)の寺」、「同行二人(どうぎょうににん)」の長い旅の始まりです。最初の札所となるので、心の準備をととのえることが大切。「同行二人」とは、お遍路はひとりの旅ではなく、いつも傍らにお大師様(弘法大師空海)がいらっしゃるという事。お大師様とのお遍路がスタートする場所です。
縁起によると、弘仁6年(815年)に弘法大師が巡教された際、この地で88の煩悩を浄化し、心身の救済の出来る霊場を開こうと三七日(さんしちにち)、21日間の修法をされます。その時、仏法を説くひとりの老師をたくさんの僧侶が取り囲み熱心に耳を傾けている光景が天竺(インド)の霊鷲山(りょうじゅせん)で釈迦が説法をしていた情景と似ていると感じとり、インドの霊山を和国(日本)に移すという意味で「竺和山・霊山寺」と名付けられたそうです。
天正10年(1582年)に長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の兵火により堂塔は全焼。その後復興するが、明治24年(1891年)には出火により本堂・多宝塔以外を再び焼失しています。以来、100年の努力により往時の姿になってはいますが、ほとんどが近年の建物になります。

見どころ

多宝塔

明治の出火で焼失を免れた事もあり、600年前の姿です。
五智如来像(大日如来の知恵を五つに分けてあらわしたもの。大日如来を中心に四方に如来が安置されています。)が祀られています。

泉水池

高級錦鯉(?)が泳いでいます。かなりデカイ!

本堂天井画

龍の天井画。見る人、見る角度で表情が違うと云われています。

縁結び観音

男女の縁はもちろん、仕事の縁、幸せの縁、健康の縁、そして希望の縁を結んでいただけます。

十三仏

初七日から三十三回忌の死者の追善供養のために割り当てられた仏様。等身大のものがずらりと並んで居られます。

ここがポイント!

お遍路は1番札所から始めなければいけないということはありませんが、初めてのお遍路、特に歩きお遍路の場合は1番からスタートされる事をオススメします。スタートの時は不安なものです。霊山寺では納経所で巡拝の手順や最低限の作法を教えていただけます。遠慮せず「初めてなんですが....」と声を掛けてみましょう!その時に「四国遍路」という冊子をいただけます。この冊子が大変良く出来ていて、最低限のルール作法、読むべきお経など簡潔に記されています。その後のお遍路で必要になるものです。有り難くいただいて、大事にしましょう。そして、時間に余裕があれば本堂でお授戒(巡拝にあたり心構えをお大師様と約束する)を受けることが出来ます(要予約)。初めてのお遍路にはオススメ!気持が入りますよ! また必要な巡拝用品はすべて揃っています。

気持が整ったらいよいよお遍路のスタートです。見どころの所でご紹介しましたが、霊山寺には等身大の十三仏があります。その中には皆さんそれぞれの「守り御本尊様」がいらっしゃいます。足元に干支が記されています。自身の干支の仏様の前に立ち、出発のご挨拶、道中の安全祈願をしましょう。そして縁結び観音も忘れてはいけません。これからお遍路でたくさんの人達と出会います。よいご縁があるよう手を合わせると良いでしょう。

PHOTOギャラリーを見る

《紹介文》著:野村常晋(霊場会公認先達)

萌える(!?)四国八十八箇所霊場紹介

境内配置図 淡桜(あわざくら)

淡桜(あわざくら)

第一番札所・霊山寺に棲む、八八さん長女。
「世界は自分を中心に回っている」と、さらりと言ってのける程度には傲慢な女の子。だけど、(意外と)情に厚い。

名前の由来は、境内に植えられた「淡墨桜(うすずみざくら)」から。
始まりの季節(春)を告げる花の名は、第一番札所の八八さんにこそ相応しい。

◎八八さん×拠り所
霊山寺の多宝塔前に植えられた「淡墨桜」の苗木を拠り所としている。

八八さん拠り所

◎八八さん×スイーツ
淡桜をイメージして誕生したスイーツ。
生地とクリームに桜を使用した可愛いカップシフォンケーキ。
ふわふわの生地と桜リキュールを加えたバタークリームの優しい食感。 by もへんろ茶屋

八八さんスイーツ

キャラクター紹介を見る

あゆみ
あたしたちが一番最初に出逢った八八さんが淡桜さんなんよね!
淡桜
ええ、そうね。と言うか、私が長女なんだから真っ先に挨拶に来てしかるべきだわ。
恵
また可愛げのないことを言いよる……
淡桜
……。(何か言った?)
恵
……。(何でもありませんすみませんごめんなさい)
あゆみ
もう、二人でじゃれあわんと。淡桜さんも、さっさとお寺の紹介をしてくれんかったらすぐにページが無く……じゃない、次の札所に行ってしまうけんね。
淡桜
だ、誰がこんなヤツと! べ、別にじゃれあってなんか……って何よ、その含みのある笑いは。ふん、まあいいわ。霊山寺の魅力についてよね?
あゆみ
うん。とくに「これからお遍路に旅立つ!」って人にオススメの何かがあれば教えてほしいなー思うんよ。
淡桜
それなら「発心式(ほっしんしき)」を受けたらどうかしら?
恵
発心式? 何それ? 面倒くさないん?
淡桜
発心は仏語で“悟りを得ようと心を起こすこと”。発心式は巡礼の心構えやマナーを教えてくれるわ。……あんたは是非受けるべきね。
あゆみ
ふふふ。そうやねー。恵は是非とも参加して、気合いを入れた方がいいかもしれんねー。なにせ、今から出発するって言うのに、そんなにヤル気がないんや(ry
淡桜
あら? 何となく不穏な空気が……ま、いっか。あ、そうそう。発心式は要予約だから事前にお寺に問い合わせをしなさいよ。
恵
発心式を受けて、納経所で巡礼に必要なものを揃えて……これで準備はOK?
淡桜
ええ、いいんじゃないかしら。あとは本当、気合いだけね。
あゆみ
それじゃあ、張り切っていくけんね! レッツ、1100キロ歩き遍路の旅!!
恵
はあ? 歩きなんか聞いてないんやけど。車で巡るんじゃないん? ――って、ちょ、無視して行かんといて!?

第二番札所へつづく

前の札所まで : 0.0 km

次の札所へ 次の札所へ 次の札所へ

次の札所まで : 1.5 km

徳島/阿波 ~ 発心の道場(一番~二十三番) 高知/土佐 ~ 修行の道場(二十四番~三十九番)
愛媛/伊予 ~ 菩提の道場(四十番~六十五番) 香川/讃岐 ~ 涅槃の道場(六十六番~八十八番)
四国別格二十霊場 ~ 番外札所(一番~二十番) 東寺(教王護国寺) 高野山金剛峯寺
結願